治療費情報

カントン包茎の値段は保険適用外であることに注意!

健康保険が適用されないのは何故なのか

カントン包茎の手術については、多くの医療機関で十数万円程度の値段が設定されており、しかも自費診療としているため、全額を患者本人が負担しなければなりません。
健康保険を適用できない理由としてまず挙げられるのは、その医療機関が厚生労働大臣の指定を受けていないということです。
保険診療は、健康保険法をはじめとする各種法令に基づいて厚生労働大臣の指定を受けた所でしか受けられません。
カントン包茎の手術を行う医療機関の多くはこの指定が無いので、カントン包茎手術だけでなく全ての包茎治療が自由診療で、患者は設定されている値段通りにお金を支払うことになります。

また、比較的新しい治療方法を選ぶことも、健康保険が適用されない理由となり得ます。
保険医療機関で治療を受ける場合であっても、厚生労働省が実績や安全面などを評価し、保険診療の対象として認めていないカントン包茎の治療法を選ぶと費用は全額自己負担となります。
比較的新しい治療法は値段が高い一方で効果が高かったり、施術の跡が残りにくかったりしますが、大半が保険適用外なので注意が必要です。

カントン包茎治療の値段をどのように支払うか事前に決めておこう

カントン包茎手術の値段は高く設定されているため、治療を受けるにあたっては費用の支払い方法を決めておく必要があります。
今日では、カントン包茎の治療を行う医療機関の多くが複数の支払い方法を用意しているので、家計への影響を考慮しながら決めましょう。

例えば、十数万円にもおよぶ手術費用を現金で賄うのは、一気にたくさんのお金が手元から離れてしまうものの、中長期的な視点から見ればベストな結論といえます。
これは、現金一括払いが全ての支払い方法の中でもっとも医療機関への支払額が少なくなるためです。
一方で、手術当日に現金一括払いをするのが難しいのであれば、クレジットカードを使用した支払いや医療ローンによる分割払いが主な選択肢となるでしょう。
金利手数料が上乗せされる分、支払総額は増えますが、社会生活を営むのに重要じゃない費用を節約すれば支払っていけます。
医療ローンを選択する場合は、頭金をいくらか用意できれば、治療費のローン部分が少なくなるのでより金銭的な負担を抑えられます。

まとめ

カントン包茎の治療が健康保険の適用対象外である理由には、その病院や診療所が保険医療機関の指定を受けていないことや、厚生労働省が保険診療で行うことを認めていない治療法であることなどが挙げられます。
高い値段が設定されている料金を全額自己負担しなければならないので、カントン包茎治療を受ける場合は事前に費用をどのように支払うかを決めておく必要があります。
多くの医療機関では現金一括払いだけでなく分割での支払いも認めているので、自身にとってベストな支払い方法を選択しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です