治療費情報

カントン包茎の値段に入院費は含まれるの?

保険適用の場合はカントン包茎手術で入院が必要

カントン包茎の場合は、真性包茎と同様で保険が適用されます。
これは先天的な事が原因になっている上に、正常に勃起できないという困った状態になっているためです。
仮性包茎の場合は保険が適用されませんので、手術をする際にはそれなりに値段もかかってきます。

カントン包茎は保険適用されますが、手術で保険が使えるのは美容外科や専門クリニック、街の泌尿器科ではなく総合病院などの泌尿器科に限定されています。
値段的にみると1万円程度でカントン包茎の手術を受けられますので安いのですが、入院も5日程度しなければならないというデメリットもあります。

入院の値段はサイトなどでは含まれていませんし、美容系のクリニックでカントン包茎の手術をする際には、入院はすることが無く当日中に手術が終わってすぐに帰宅出来ます。
保健適用で病院で手術をすると、仕上がりの綺麗さというところは考慮してもらうことはできませんので要注意です。

美容外科でのカントン包茎の手術は入院不要

保険が適用されないので、値段的にみると高くなるデメリットはありますが、カントン包茎の手術は美容外科クリニックなどで受ければ入院する必要はありません。
抜糸の必要がありますので、その後通院することにはなりますが、入院をする事を考えると自由度は高いです。

総合病院などでカントン包茎の手術をすると、保険適用されるメリットはありますが病院側はお金になりませんし赤字になってしまうので、入院を5日間とられます。
その期間はネックに感じる方もいますし、周りにばれてしまう可能性があるというリスクも有りますし、何をとるかという事を考えて選択していくと良いでしょう。

値段的には保険適用の方が最終的に安くなるかもしれませんが、仕上がりも綺麗で日数的にも当日入院なしで終了するというメリットがありますので、美容外科を選ぶ方も多いです。
実際に手術を受けた方の口コミ評判なども参考にして、その方法を選んで行く事もお勧めです。

まとめ

カントン包茎は正常時であれば剥けるとしても、勃起して剥けると包皮が戻らなくなってしまったり、痛みによってセックスが苦痛になってしまうというデメリットがあります。
自分の努力ではどうにもならないことですし、手術をする事でそのコンプレックスや悩みから解消されます。

基本的にカントン包茎ですと保険は適用されますが、費用は入院もかかってきますのでサイトに掲載されている内容だけでは分からないことも有ります。
カウンセリングを受ける事から始めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です