治療費情報

カントン包茎の平均的な値段はいくら?

カントン包茎に気付いたら早期的に治療を受けよう

包皮の輪が狭いのにも関わらず、包皮を剥いたまま放置する、無理に剥いてしまった結果として、リンパ浮腫をきたして元に戻らなくなった状態のことを、カントン包茎と呼んでいます。
亀頭や陰茎が圧迫されて元に戻らなくなってしまうものです。
そのまま放置すると様々な支障をきたすこともあるでしょう。
包皮口が狭くて伸縮できないので、亀頭を強く締め付けてしまい血行不良を起こす、無理に締め付け部分を剥くことにより神経が圧迫されてしまい、亀頭の部分がうっ血してしまう可能性もあるでしょう。
元に戻せなくなることもあるため、早期的な治療が求められます。
カントン包茎の治療を受けるにあたり、どれくらいの値段がするのだろうと気になる人も多いかもしれません。
中にはお金に余裕がないという人も多いかもしれませんが、値段を気にして病院に行くのが遅れてしまうと、炎症や悪臭を引き起こす可能性があり、最悪の事態を招くことにもつながります。
症状に気づいた場合には、早めに治療を受けることが望ましいです。

平均的な値段の相場を確認しよう

カントン包茎手術の平均的な値段の相場については、クリニックにより大きく異なります。
病院の泌尿器科などにかかった場合には、カントン包茎手術の場合には保険の適用となるため、値段は3万円ほどで施術を受けられることになるでしょう。
しかし見た目を重視するものではないため、ツートンカラーになってしまうなどのトラブルも発生しています。
見た目を重視しているのであれば、保険適用外の施術となり、値段もそれに伴い高くなります。
一般的にはナイロン糸を使用する環状切開術が主となっていますが、この値段は8万円ほどです。
また吸収糸と呼ばれる溶ける糸で抜糸が必要ないものの場合には、11万円とやや高くなります。
美容治療が目的の場合には、その費用は12から66万円と幅があり、包皮の状態などにより値段も異なります。
他の医院での施術による修正手術なども行っているところもあり、この時の値段は約15万円ほどと言えるでしょう。
カントン包茎治療は病院で行うだけではなく矯正器具などを使ったものもありますが、効果に個人差があるのが実情です。
確実性や安全性の面から考えても、カントン包茎手術を選ぶことが最適です。

まとめ

カントン包茎手術を受ける場合には、クリニックにより値段の相場が全く異なることがわかります。
中には広告などに安い値段が記載されているところもありますが、値段が安いことに惹かれて実際に訪れると、様々なオプションなどをつけられて、結局はかなり高い値段になってしまったというトラブルも報告されています。
このようなトラブルに遭わないようにするためにも、実績のある、そして信頼できるクリニックを選ぶことが何よりも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です