治療費情報

カントン包茎の値段は他の包茎治療よりも高い?

カントン包茎手術の料金を比較することから始めよう

包茎には、仮性包茎と真性包茎とカントン包茎と大きく分けると3つ挙げられます。
そのうち保険が適用されないのは仮性包茎で、それ以外の場合は保険が適用されますので泌尿器科などで手術を受ければ安い値段で受けられます。

しかしここで問題があります。
値段的には安いけれど仕上がりの面で不満を感じている方が多いという点です。
というのも、カントン包茎の手術を保険適用内で行うとすると、余分な包皮を切開して縫合するという流れになりますが、傷あとが目立たないようにといった考慮などはされずにとにかく正常な機能になるようにという事で計画されます。
そのため傷あとが目立ったり、カラーのコントラストができてしまうといったデメリットも生じます。

高い値段になってしまうことにはなりますが、保険適用外でカントン包茎の手術を受けるメリットもありますので、比較検討をして決める事をお勧めします。
多くの方は美容外科や専門クリニックを選択しています。

カントン包茎は他の包茎の手術よりも値段が高い?

カントン包茎と同様に、保険が適用されるのが真性包茎です。
この二つの包茎の種類は先天的な問題ですし、様々な不具合が生じてきますので保険適用内で手術を受けることが出来ます。

しかし仕上がりがあまりよくないということがありますので、最終的に保険適用されませんが美容外科クリニックや専門クリニックで手術をする方が圧倒的に多いです。
そうなるとカントン包茎の手術費用は他の包茎よりも高いのかという疑問も出てくるかもしれません。

一般的には仮性包茎の場合は少し安くなりますが、真性包茎とカントン包茎はほぼ同じ値段で受けられるところが多いです。
詳しくはカウンセリングを受けて見積もりを出してもらうと分かりますので、まずはいくつかクリニックを絞った上で比較検討をしてみる事をお勧めします。

安ければ良いというわけではなく、手術のアプローチ方法であったり仕上がりの満足度などを体験談を通してみるとわかりやすいです。

まとめ

包茎の事で悩んでいる男性は非常に多いです。
例えばカントン包茎の場合は包皮をむくことが困難ですし、無理に剥いたとしても戻らなくなってうっ血する可能性もありますので早い段階での手術をお勧めします。

保険適用内で手術を受けることも出来ますが、その際仕上がりの不満を感じてしまうことも多いです。
自分のペニスに自信が持てるようになるという事を考えたときに、オプション的な要素は大きいですが美容外科クリニックや専門クリニック出手術を受ける事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です